株トレードのもみ合いを抜け出した新高値ブレイクで大きく儲ける!

株トレードのもみ合いを抜け出した新高値ブレイクで大きく儲ける!

今回は株書籍『1勝4敗でもしっかり儲ける新高値ブレイク投資術』のレビューです。

中身はどんな感じの株書籍なのか?

この株解説本は、勢いのある銘柄に絞って投資をしていくというトレード手法を解説した株書籍です。

ある程度長い期間のもみ合いからのレンジブレイクで大きな上昇トレンドの流れに乗り、デカく儲けるという株トレードの手法を解説されています。

この書籍は株トレードの中級者〜上級者向けの内容となっています。

会社四季報や、企業の決算書など、経常利益などから業績を読み取ったり、将来性を見るファンダメンタル的な部分と、基本的なローソク足チャートを使ったテクニカル分析を把握している必要があります。

ファンダメンタルズやテクニカル分析の基礎の解説などは一切なく、専門的な用語などが普通に出てきますので、株トレードを始めたばかりの方には向いていない解説本です。

トレード期間も中期から長期のトレード手法となっています。

高値の株を買い、更に高値で売るという、リスキーな売買手法ということもあり、『なぜレンジブレイクすると上昇に勢いがつくのか?』という値動きのメカニズムを理解していないと、資金を減らす可能性も高まります。

これから株を始める方や、初心者の方などは、値動きのメカニズムを「マンガと図解で株とチャートの達人になる!」で勉強しておくと後々役に立つ時が来るはずです。

株トレードの勝率が明らかに高くなったチャート分析の書籍はこれだった

この株本を買ったきっかけは?

この株解説本を買ったきっかけは、レンジブレイクの基礎的な部分を色々な株解説本で学びましたので、次のステップとして具体的な売買手法を知りたかったからです。

特にファンダメンタルズ面の企業業績のトレンドの考え方や、売り買いの具体的なエントリーポイント、長期的な上昇トレンドでの新高値銘柄の狙い方を覚えたかったのがこの本を購入したきっかけです。

それなりに難しい内容ながら、読みやすさでさらっと読むことができそうでしたので、本屋でチラッと立ち読み後に即購入しました。

自分の株価チャートへの疑問は解決したのか?

新高値銘柄のレンジブレイクを狙い、更に高値で売る。うまくいく時は確かに大きな値幅を狙うことができます。

ですが、本文にもあります通り、値動きの騙し(レンジブレイクした後急降下でまたレンジに戻る)も多く勝率からいくと決して高く無い手法だと感じます。

ただし、損切りのポイントは騙しでレンジに戻った地点で切ることができるので分かりやすく、サイドレンジブレイクで上がりを狙うことも出来るという、売買ポイントのわかりやすさがあります。

このやり方は損切りの出来ない人はリスクが高いのでやらないほうが無難ですが、機械的に損切りできる人だと、銘柄選びから買いエントリーポイントまで最大限までマトを絞っていますので、波に乗れた時は大きく勝てると思います。

株価の安値で仕込んで吹いたら売るという『待ち伏せトレード』と違い、『今まさにレンジブレイクしそうな業績良好の銘柄を狙い撃つ』ので待ち伏せトレードよりは遥かに楽しいです。その分勝率は下がりますが💦

待ち伏せトレードは手法的にいつ上がるかわからないモノを延々待ち続けないとなりませんし。

今熱い銘柄を、マトを絞って狙い撃つというスタイルは、トレンドを追いかけるタイプや、常に相場に張り付きたい方には向いている手法だと思います。

本文中の役立つ項目としては、特に、ローソク足と出来高の関係性や傾向の部分は未だに使えるところがあり、これから上がるかもしれない銘柄選別に一役買っています。知っておいて損は無い部分だと思います。

 

この株書籍の総評

この株トレード解説本は個人的にはかなりアタリの部類でした。

レンジブレイクの手法はFXのトレードでも常套手段というか、基本の手法です。もみ合いからの抜け出しは上がるにしろ下がるにしろ、一番儲けやすく分かりやすい売買ポイントだからです。

明確な価値という観点からは株と為替だと全く別物かもしれませんが、チャート分析の値動きのメカニズムから、レンジブレイク手法は株トレードでも常套手段だと思います。

ダマシというのも頻繁にあるので、勝率を気にする方には向かないですが、大きく勝つ、損小利大を地で行くやりかたということで考えると理にかなったトレード手法では無いかなと思います。

何にしても、自分の性格やトレードのやり方に合うトレード手法が一番なのですが。

『勢いに乗った銘柄のレンジブレイクの上昇で大きく儲ける』という株トレード手法に興味のある方は一度読んでおくと損はないはずです。

 

1勝4敗でもしっかり儲ける新高値ブレイク投資術

Return Top