株のチャート分析から「売り」「買い」サインを読み取る際に役立つ!

株のチャート分析から「売り」「買い」サインを読み取る際に役立つ!

今回は株書籍『株長者が絶対にハズさない「売り」「買い」サインはこれだ!』のレビューです。

 

中身はどんな感じの株書籍なのか?

この株書籍は、ローソク足チャートのテクニカル分析で「売り時」と「買い時」のタイミングの見方を中心とした解説本となっています。

株トレードの初心者から中級者向けの解説となっていますが、ローソク足チャートの見方、移動平均線の意味や使い方、グランビルの法則やトレンドの知識をある程度把握している方向けの解説本です。

ローソク足の並びからくる「売り時」と「買い時」の判断や、もみ合いの形状からの売買サイン、トレンドラインを活用した売買ポイントなどを学ぶことができます。

 

この株本を買ったきっかけは?

この株解説本を購入した当初はまだ株トレードの日も浅く、当時は株関連書籍を読み漁っていました。

株のスイングトレードで「売りサイン」と「買いサイン」のタイミングが詳しく載っている本はないかと探したところ見つけたのが、この書籍でした。

一冊丸々「売買サイン」について解説されている株解説本が他にはなかった中、この書籍はそのことに集中して説明されていたので即購入したのを覚えています。

本の中身の構成も、図入りの詳しいチャート解説と、ローソク足の形状の解説。特にトレンドラインやサポートラインの解説やスイングトレードでも重要な週足のチャートからの目標株価の目処の付け方などが詳しく載っていたので、これは使えそう!と感じました。

 

自分の株価チャートへの疑問は解決したのか?

書中で解説されている、上昇相場の時の「上場来高値銘柄の」短期・順張りトレードはかなり勝率は高いと感じます。

「大底確認のパターン」なども、安値を拾う時には大変参考になります。この辺の解説は色々な書籍にも類似したものが載っている通り、基本的なパターンですね。

売り時の「天井確認のパターン」も、詳しい図入りでわかりやすいですし、これも他の書籍でもよく見る基本的なパターンなので基礎知識として覚えておくべき箇所だと思います。実際のスイングトレードでの週足ローソク足の「売りサイン」(利益確定サイン)としても使えるテクニックですね。

 

余談ですが、ローソク足のチャート形状や、ローソク足の並びだけで単純に売り買いを判断するのは危険で、あくまでも「そう値動きしやすい」程度に、参考程度にしておいた方が良いですね。

他のトレード手法と組み合わせて総合的に判断するチャート分析の予備知識としては、覚えておいて損はないかと思います。

 

この株書籍の総評

この株書籍は、テクニカル分析をメインにローソク足でチャート分析して株トレードする方、特に『買いシグナル』と『売りシグナル』の知識を深めたい方にはオススメの一冊です。

ファンダメンタルズを重視するトレーダーの方にも、大底確認や、天井圏確認などの知識を高めたい場合には参考になるかと思います。

「ローソク足の基本的なチャートの見方を知る」という用途には物足りないかもしれません。

『売買タイミング』についてより詳しく理解したい、基礎知識をつけたい時には重宝する。そんな類の株解説本です。

 

株長者が絶対にハズさない「売り」「買い」サインはこれだ! ~杉村富生の株の教科書Ⅱ~

 

 

Return Top