低位材料株の探し方や効率的なトレード手法を学ぶならコレ!

低位材料株の探し方や効率的なトレード手法を学ぶならコレ!

今回は株書籍『とことん稼ぐ低位株攻略ガイド』のレビューです。

 

中身はどんな感じの株書籍なのか?

この書籍『とことん稼ぐ低位株攻略ガイド』は、『低位小型株で大きく儲けよう』という趣旨で、株価の低位にある小型銘柄、小型材料株での効率の良い儲け方を詳しく解説された株トレード中級者向けの解説本となっています。

説明書きの中に出てくるローソク足チャートの見方や、ファンダメンタルズの読み取り方などの解説は省かれていますので、それらの基本をある程度把握している必要があります。

ローソク足の上ひげや下ひげの意味や、グランビルの法則、出来高の見方や好材料・悪材料、年間を通しての株価の動きの流れなど、それなりにトレードに慣れている方向けの説明書きになっています。

どんな株トレード手法が解説されているかというと、

『小型低位株のパターン銘柄でのトレード手法』、『低位材料株を安値のうちに買っておいて吹き値で売る手法』、『ボロ株の急騰やパターンで儲ける手法』、『市場全体の急落時に低位株でリバウンドを拾う手法』などがあります。

各項目ともに、実際のローソク足チャートや銘柄のデータなどで詳しく解説されています。

 

この株本を買ったきっかけは?

この株書籍を購入したきっかけは、単純に低位小型株トレードが好きだったというのもありますが、市場全体が暴落した時に何か底打ちを知るための良い方法がないか、と探していた時に立ち読みでその項目を見つけた時にピンと来たので即買いました。

深く読んでみると、自分がよくトレードする小型材料株のことや、小型低位株の銘柄の選別法など、知りたい部分がチラホラあり、個人的にはアタリの本でした。

小型材料株の銘柄選びには具体的な数字も記されていて、立ち読みをした際もこれは分かりやすくて良いなと感じたのを覚えています。

 

自分の株価チャートへの疑問は解決したのか?

自分の株トレードで特に参考になった部分は「安いうちに仕込んでおいて、吹き上がったら売ってしまう」という『待ち』の株トレード手法です。

『株式市場全体の急落時に低位株でリバウンドを拾う手法』では、「騰落レシオ」や「新安値銘柄数」から市場全体が底を打つタイミングを読み取って、目をつけた低位株銘柄を仕込んで、買った銘柄が上がったら長く持たずに売りぬける、というトレード手法も解説されていますが、大変参考になります。

市場全体の大きな急落は年間に数回ありますので、その時に注目するべき銘柄や、売買タイミングなどは非常に参考になりますね。

小型材料株の銘柄選別の手法など、「株探」や「ヤフーファイナンス」でもサクッと探しやすくて良いです。

『特定株比率が高く、浮動株比率が低い銘柄』などの値動きが激しく吹き上がりやすい銘柄などの選別はこの先長く使えるやり方だと思います。

発行済の株式数と、出来高の急増から株価のピークを読み取り、売るときのタイミングを見るというやり方も参考になります。

 

この株書籍の総評

普段から小型低位株でトレードされている方には特に読んでおいても損は無い部分はあるんじゃ無いかなと思います。

狙い目の銘柄ガイドなどは、流石に古すぎて使えないと思いますが、基本的な銘柄選別や売買手法は大変参考になる部分も多いです。

小型低位株は大きく買うとそれなりにリスキーな部分もありますが、株価がありえないタイミングでいきなり跳ねたり、気持ちよく上昇していたかと思うと突然急落したりと、大型株とはまた違った動きで、個人的にはトレードも楽しいと感じます。

値動きの早さからも、常にトレード画面を開いている専業トレーダー向きな一面もある低位株トレードですが、寝かせておいて吹き上がったら売るという手法や、パターンのある銘柄でスイングトレードする手法などは、片手間のトレーダーの方でも十分実行可能だと思います。

低位株の待ち伏せ中期トレードと、低位株のパターン銘柄でのスイングトレードという組み合わせも十分可能な解説となっていますので、デイトレード以外で株をやりたいという方には参考になる部分はたくさんあります。

 

ゆっくり低位の銘柄を探し、安値で仕込んでおいて上がったら欲張らずに売る、というシンプルなトレードをしたい方に特にオススメの株解説本です。

 

「とことん稼ぐ低位株攻略ガイド」

 

 

 

Return Top