仕手株と効率よく勝負するための戦略を学ぶならコレが良い!

仕手株と効率よく勝負するための戦略を学ぶならコレが良い!

今回は「中原圭介」さんの株書籍『仕手株でしっかり儲ける投資術』のレビューです。

中身はどんな感じの株書籍なのか?

「リスクが高い」と言うことで個人投資家や初心者のトレーダーは近寄るな、と言われがちな『仕手株』について詳しく解説されている株書籍です。

短期間で大きな利益を得ることが出来る『仕手株』について、どのような銘柄を選択するか、どのような値動きの時に仕掛けるか、仕手株でトレードするときのやってはいけない事、仕手株で信用できるテクニカルの読み方、リスク管理や損切り、相場の地合いのチェック法など。

仕手株のトレード手法や基本的な戦略などが項目ごとに纏められています。

『仕手株』を扱う言うところからも、初心者向きではなく、ある程度相場の読み方、出来高の見方や、ローソク足チャートの基本的な見方、ある程度の実戦経験のある株トレード中級者以上の方向けの解説本です。

一部説明で出てきますが、買い板、売り板などの見方も理解した上で読むと、より効果的に学ぶことができます。

スイングトレードにも応用ができますが、長期間ではなく基本的には短期のトレード手法の解説となっています。

 

この株本を買ったきっかけは?

一時期、低位株の急騰を狙ったトレードに夢中になっていた時期がありました。

低位株や超小型株、意味もわからず急騰してる銘柄などのトレードについて、より深く知りたかった。と言うのが一番の購入きっかけでした。

低位株の突然の急騰、そして数日で急落のメカニズム。その急騰の予兆やある程度「そろそろ来るな・・・」と言う予測をする上で、チェックするべき部分は何なのか。

当時、仕手株系の書籍を本屋で色々読み漁っているときに目付き、数冊購入した中の一冊でした。

 

自分の株トレードへの疑問は解決したのか?

まず、大部分の低位株の急騰のメカニズムは把握できたと感じています。

実際のトレードの値動きを見ても、「なるほど、これがあの部分に書いてたやつかな・・・」みたいなローソク足の動きを読めるようになったと実感しています。

大きく分けて二つのトレード手法が理解できます。

一つは、急騰銘柄の飛び乗り、飛び降りで短期で稼ぐやり方。
もう一つは、出来高を見てある程度予測をしておきながら動き出す前にアタリをつけておく、吹き上がり待ちのトレード手法です。

前者は動き出した銘柄を狙うので、ある程度頻繁にトレードできる手法ですが、その分飛び乗り(買い)のタイミング、と逃げのタイミングを誤るとその後の急落に巻き込まれる可能性が高く、それなりに難易度は高いです。かなり危険度は高いトレードかと思います。

後者は株価が安値の時に待ち伏せをしてのトレードなので、比較的難易度は低いですが、銘柄の選択を見誤ると中々吹きあがらないままかなりの日数を要する場合もあり、あまり効率は良くないかもしれません。

個人的には後者の銘柄を見極めての待ち伏せで、そこそこ効果があり、安値で買うので見切りをつける場合の損額もそれほど痛くはなかったです。

『仕手株』でトレードする上での心構えや準備など、丁寧に解説されていますので、その効果も出ているのではと思います。

 

総評

この株書籍『仕手株でしっかり儲ける投資術』は、結構昔の本で現在は中古でしか手に入りませんが、仕手株や低位株の書籍はかなり読み漁りましたが、この本が一番詳しく、より実践的でした。

ただ、なにぶん古い書籍なので中で推奨されている銘柄情報などは相当古いです。

それでも『仕手株』に対する考え方や、基本的な値動き、急騰のメカニズムや、急騰前の値動きの特徴などは現在でも応用が利くと感じています。心構えや、「これをやると危険だ」と言う部分は不変のものだと思いますし。

 

今回は「中原圭介」さんの株書籍『仕手株でしっかり儲ける投資術』のレビューでしたが、特に『仕手株』と言う銘柄トレードに興味のある方には古典のマニュアルとして読んでおいても損はない一冊です。

 

 

Return Top