小型株で効率良く儲ける方法をまとめた書籍はコレが参考になった

小型株で効率良く儲ける方法をまとめた書籍はコレが参考になった
今回は株書籍『【最新版】 個人投資家のための「小型株」で賢く儲ける方法』のレビューです。

中身はどんな感じの株書籍なのか?


この株解説本は、発行株数が6000万株未満で東証二部銘柄やマザーズ、ジャスダックの、「日経平均株価とあまり連動しない小型の銘柄」で儲ける方法を解説した書籍です。

その小型株の特有の値動きの仕組みや、売買のタイミング、仕手系銘柄の見分け方やその対処法など、勝率を高めるための方法を知る事ができます。

特にローソク足でのチャートで売買している場合は、買いのタイミングや、明らかに危険とされる天井のサインなど、項目ごとに分かりやすく解説されています。


この株本を買ったきっかけは?


単純に小型株のトレードについて知りたかったので、似たような「小型株」や「低位株」と呼ばれる銘柄を扱った解説本を探していました。
何冊か購入した内の一冊になります。

小型株は値動きが粗いものが多く、数日で倍になったと思いきや、また数日で元の株価に落ちてしまったり、トレードが難しいと言われているので、より詳しく知りたいと思っていました。

パラパラとめくったところ、右に項目の解説文、左にその解説図が表記してあり、読みやすい印象でした。

自分の株価チャートへの疑問は解決したのか?


小型株の株価の値動きはどんな特徴があるのか、小型株で勝率を高めるにはどうしたら良いのかなど、チャートを使って解説していますので、その特徴をよく理解できた感はあります。

銘柄の選び方なども比較的基本通りの選別法で、買い方や売り方、そのタイミングなども初心者の解説本でよく言われているものを踏襲されています。

チャートの形から、比較的安全でリスクが少ない買いのタイミング、コレは危険だ!というタイミングなど頭に叩き込むことができます。

「特に小型株の売りのタイミング」に関しては、一部他の書籍では曖昧な部分もあったところが、「なるほど」といった説明がなされていてよかったです。

小型株の売りのタイミングって本当に難しいですし。逃げ遅れるととんでもない損を被ってしまいますし。


総評


大型株のトレードよりも、短期間の小型株のトレードを好む方には、中々参考になる部分もあると思います。
特に売買のタイミングの部分と、仕手系の銘柄の解説の部分は目を通しておいて損はないかなと感じます。

この株解説本は、基本的に「知識」の部分がほとんどですので、コレを読んだからといってすぐに利益を出せるような類の書籍ではありません。
具体的な売買手法の解説ではありませんので。
ですが、数ある小型株の知識本を吸収しておくことで、自分の株トレードの技術や勝率が少しずつ良くなっていくと確信しています。

実際の株トレードでも、毎日ローソク足チャートをチェックしている時にふと、「あ〜、この感じの形、あの本で見たなぁ」というのがちょくちょく出てきたりします。

その時にまた読み返して参考にすると、意外と良い確率でその通りの動きになることも多いです。

「小型株」についての知識を深めるためにも、『【最新版】 個人投資家のための「小型株」で賢く儲ける方法』は読んでおいて損はない一冊だと思います。



Return Top