【FX攻略】ダウ理論とEMAで正しい勝ち方を学ぶならコレが参考になる

【FX攻略】ダウ理論とEMAで正しい勝ち方を学ぶならコレが参考になる
今回は「杉田 勝」さんのFX書籍『』のレビューです。

中身はどんな感じのFX書籍なのか?


このFX書籍のはチャートを使ったテクニカルトレードの手法と、トレード前〜利益確定orロスカットの具体的なストーリーの描き方をメインに、資金管理とトレードに対するメンタルの考え方、心構えを詳しく解説されています。

負けないFXトレーダーになる為のチャートを使った正しいトレード手法を学ぶことができます。
ファンダメンタルズ的な部分は一切なく、完全にローソク足チャートを使った為替トレード手法の解説本になっています。

為替の仕組みやFXとはなんぞや?的な初心者向けの本よりも、数歩進んだ中・上級者向けの解説です。

今まである程度FXトレードをしたことがあり、どうしてももう一歩勝てるトレードができない、負けはしないが利益も無し、そんな中級者の方向けのFX書籍です。

ダウ理論や、エリオット波動、移動平均線、特に指数平滑移動平均線(EMA)、フィボナッチ、RSIについてある程度理解した上で読むことで、さらなる勝率アップに繋がる。そんな解説本となっています。


このFX本を買ったきっかけは?


私もどちらかというとチャートを見ながらのテクニカルトレードがメインです。
もう一歩踏み込んだ勝率の高いエントリー手法は無いかと模索しているところ、本屋さんで立ち読みをして「これは・・・!」と思い衝動買いしました。

トレンド転換の解説なども具体的で、自分のトレードに活用できるのでは、とピンと来るものもありました。


自分のFXトレードでの疑問は解決したのか?


為替は値頃感で売買するものでは無いという解説や、為替は3次元的に考えるなど、なぜ間違ったFXトレードをしているのかということがよく理解できました。

ダウ理論を中心として解説されていますが、サポート、レジスタンスのライン、特に目立つ高値安値の水平線の重要性を再確認することができました。

特にのちのFXトレードでかなり影響のあったのが指数平滑移動平均線(EMA)の使い方で、これのおかげで明確な売買のエントリーポイントのルールを再構築することができました。
この部分を知るだけでもかなり負けにくく、ロスカットするか、利確をもう少し伸ばすかなどの判断基準がより明確になりました。

エントリーポイントについては、シンプルでわかりやすいのでそれほど難しくはありません。
利食いについてはやはり難しく、この辺は場数を踏んで慣れていく感じです。


総評


今までかなりFXに関する本を読んできましたが、この本はかなりアタリでした!
ある程度チャートで為替トレードをやっている方には知っておいて損の無い部分が沢山あります。

明確なエントリーのルールのおかげで、ポジポジ病も抑える事が出来て、勝率が上がるというよりも「負け」が少なくなります。

周期の長いローソク足からチェックして行き、持ち合いやレンジブレイク、水平線ブレイク、三尊や逆三尊を抜けてからエントリーというオーソドックスなトレードに、更に勝率を上げるチャートの読み方を加える事でより負けにくくなるのが実感できます。


通貨ペアは何でも良いとされていますが、自分の場合はよく見慣れてる主要通貨のペアのみでトレードしています。


相場にはサイクルがあってトレンド転換のタイミングが分かるという「杉田サイクル理論」は正直ちょっと難しかったです💦
ダイバージェンスの見方なども普段RSIを見慣れていないと分かりにくいかも知れませんね。


全体的にこのFX解説本は実践的な部分が多く掲載されていますので、自身のトレードにプラスアルファーでもう一工夫加えたいという方には大変参考になる手法の数々だと思います。






Return Top