iPhoneの削除できないアプリを消す方法【iPhone便利ネタ】

iPhoneの削除できないアプリを消す方法【iPhone便利ネタ】

iPhoneのホーム画面のアプリは、長押しする事で出てくる「✖️」マークで削除する事ができます。
ただしiPhoneでは最初から標準搭載されるアプリなどでは、「削除できるアプリ」「削除できないアプリ」があります。

標準アプリには「削除できるアプリ」と「削除できないアプリ」がある

ホーム画面でアプリの「アイコンの長押し」をして編集状態にすると「✖️」マークが付いてるアプリ、付いていないアプリがあるのを確認できます。

主な標準アプリで削除できる物 主な標準アプリで削除出来ない物
連絡先、FaceTime、iBooks、Podcast、iTunes Store、Watch、リマインダー、メモ、メール、ミュージック、ファイル、ホーム、ボイスメモ、天気、コンパス、ヒント、ビデオ、友達を探す、計算機、カレンダー、株価時計、写真、カメラ、メッセージ、設定、ヘルスケア、App Store、Safari、iPhoneを探す、Wallet

 

通常の方法では削除できないアプリは、iPhoneのホーム画面から視覚的に隠してしまう事はできます。
アプリ自体が削除されるわけではないですが、アイコン自体が非表示になるため、普段使わないアプリを消す事でホーム画面がスッキリします。

不要なアイコンをホーム画面から消してスッキリしてみる

iPhoneのホーム画面から「Safari」のアプリを消してみます。

設定アプリを起動して、「一般」をタップします。

 

一般の画面の項目から、「機能制限」をタップします。

 

「機能制限を設定」をタップする事で編集可能状態になります。

 

各アプリの許可の項目が編集できる状態になります。

 

「Safari」を消したいので、「Safari」の右のスイッチをオフにします。
これでアプリの機能が無効化されます。

 

ホーム画面に戻ると、先ほどの「Safari」のアイコンが消えています。

再度表示させたい時は、先ほどの「機能制限」の画面で該当のアプリのスイッチをオンにします。

 

とにかくiPhoneのホーム画面をスッキリさせたい人向け

アプリの機能を制限する事で、ホーム画面のアイコンが非表示になります。
この方法だとアプリ自体が削除される訳ではないのでiPhone本体のメモリの節約にはなりませんが、余計なアイコンを消す事でホーム画面がスッキリするというメリットがあります。

見た目重視の人や、几帳面な方にはオススメのホーム画面整頓術ですね。

このアプリの機能制限は、お子様にiPhoneを持たせている親御さんにもオススメです。お子様に使わせたくない、下手に触られると困るようなアプリを一時的に非表示にしたり、消した状態のまま持たせたりすることもできます。宿題が終わるまではどハマり中のゲームアプリを一時的に隠しちゃう事も出来ますし、パスコードで機能制限する事も出来ます。

 

 

 

Return Top