就寝中のみ邪魔な通知をオフにする方法【iPhone便利ネタ】

就寝中のみ邪魔な通知をオフにする方法【iPhone便利ネタ】

メールやツイッターインスタグラムなどの便利な通知機能も、就寝中やお休み中の時は眠りを妨げられて煩わしいものです。

iPhoneには、アプリごと個別に通知設定しなくても、指定した時間内だけ煩わしい通知機能や着信をオフにしてしまう「おやすみモード」という便利な機能があります。一度時間範囲を設定しておくことにより、その範囲内での通知を完全にカット、もしくは一部重要なものだけ通知や着信をしてくれるように出来ます。

24時間常にリアクションしなければならない人以外は、非常に便利な機能です。

「おやすみモード」のオフ時間範囲は設定アプリから

設定アプリを表示して一覧の中から「おやすみモード」をタップして設定します。

 

「オン/オフ」ボタンで「おやすみモード」のオンとオフを切り替えます。

 

設定項目の「時間指定」を有効にすると、通知をオフにする「おやすみモード」の開始時間と終了時間を指定する事ができます。

 

「開始」時刻にその時間から通知をオフにしたい時刻を。
「終了」時刻に通知を再度オンにする時間を、数字をくるくるっと回して指定します。

「おやすみモード」中でも重要な着信だけは受け取りたい場合は

「着信を許可」の項目より指定する事ができます。

 

「すべての人」かかってくる着信全てを許可します。
だれも許可しないかかってくる着信全てを許可しません。完全にオフにします。
よく使う項目連絡先でよく使う項目に登録している重要な人の着信のみ許可します。
すべての連絡先連絡先に登録している人であれば着信を許可します。

 

「繰り返しの着信」を有効にしておく事で、同一人物から特定時間内(3分以内)に2回目の着信、電話がかかってきた時は通知させる事が可能です。

 

通知の項目で、「常に知らせない」にする事で、完全に通知をオフにする事ができます。

 

「iPhoneのロック中のみ知らせない」に設定するとロック中以外(iPhoneを操作している時)は通知させる事ができます。夜中でもiPhoneを操作している時のみ通知したい時にはこちらにしておくと便利です。

おやすみモードがオンになっている時は、iPhoneのステータスバーに「三日月」マークが付きます。

 

一度設定をしておくと便利な「おやすみモード」

特定の着信だけはオンにしたり、連絡先に登録済みの人のみ着信させたり、カスタマイズで大変便利になる機能「おやすみモード」。
一度時間を設定しておけば、毎日自動的に有効になってくれるので大変便利ですね。

就寝中にiPhoneの通知で一々起こされて煩わしい思いをしている方にはオススメの機能です。

 

 

 

Return Top