株価チャートの売買シグナルを超シンプルにして稼ぐ時に参考になるのはコレ

株価チャートの売買シグナルを超シンプルにして稼ぐ時に参考になるのはコレ

中身はどんな感じの株書籍なのか?


今回は株書籍「一生モノの株のトリセツ」のレビューです。

この株解説本の特徴は株価チャートの移動平均線と日々の値動きを見てシンプルな売買シグナルで株取引を繰り替えしこなす、その日々の練習で株の職人になって稼いでいくという趣旨の元に解説されています。

株の業界でも有名な「相場師郎」先生の著書です。

この本で解説されている株取引の手法は超シンプルでローソク足と3本の移動平均線しか出てきません。
そのシンプルな手法と日々のチャート見る分析力を鍛えて、上げ相場でも下げ相場でも稼いで行こうという趣旨の株解説本です。

この株本を買ったきっかけは?


この本に出会ったのは、株を始めた初期の頃でした。

当時は株価チャートの分析の仕方をそこまで詳しくは理解していなかったため、この本を読んでこんなに簡単に売買ポイントがわかってしまって大丈夫なのか?と半信半疑でした。

ところがその後、他の株価チャートの解説本やローソク足の仕組み、株価の値動きの仕組みを勉強していくと、「あ〜、そういうことだったのか!」というのが分かり、現在でも株トレードで活用させていただいてます。


自分の株価チャートへの疑問は解決したのか?


3本の移動平均線と値動きの関係性や、大陽線が出た時の初動のシグナルや、下落時のシグナルについて、売買のタイミングを知るために購入したこの株の解説本ですが、大変参考になりました。

この本に出会ってから日々株価チャートとにらめっこをする時間が増えていきましたが、読み方がわかると見ていても楽しくなりますし、日々チャートを見続けていく事により、なんとなくこの次は上がるかな?下がるかな?というのが直感で分かるようになりました。

どうして今日は株価が上がったのか、下がったのか、明日はどうなるのかなど。
常に値動きを追う事で訓練されていくのが分かります。

余す事なく公開されている売買テクニックはどれもシンプルで分かりやすく、「そんなんでいいのか?」というのも多々ありますが、後々になってこれが意外と理にかなっているという事に気付くと、株トレードの力もかなりアップしている事でしょう。

特に「7の法則」は上昇トレンドのスイングトレードにおいて、売り時を決める際にかなり使えます。
これを元にある程度利益確定のタイミングを測って他の指標なども組み合わせていくと、良い感じで勝率が高まります。

売買シグナルや株価の値動きのオリジナルの呼び名が斬新だった


相場先生の諸々のシグナルの名称はかなり個性的で「ものわかれ」や「N大」などはまだ良いですが、「下半身」や「逆下半身」、「高校生タイム」、「バルタン」、「逆バルタン」は流石に笑ってしまいました💦

ところが名称とは裏腹に、実践の株トレードでは使えてしまう手法だったりします。
自分のトレードの中では、特に「N大」です。

上昇トレンド初期のこれだけでもかなり良い勝率を残すシグナルだと思います。

逆に、長い下げからの「下半身」発生でのトレンド転換の買いシグナルは、意外と難しいです。
買いシグナル地点で買うと、その後また下げる場合があるので、中期的トレードの場合は良いですが、短期スイングトレードだとすぐに損切りポイントまで来てしまい、売買判断が鈍る場合があります。
中期トレードだと、底から拾うことができるので、上手くいけばかなりの値幅を美味しく取れる事になりますが、短期スイングトレードだと意外とリスキーかなと個人的には感じました。

「ものわかれ」や「N大」はグランビルの法則でも基本的な押し目狙いとなるので、初心者の方は良く値動きを観察して押し目を狙うとリスクも軽減されるかなと思います。


総評


「相場師郎」先生の著書「一生モノの株のトリセツ」ですが、タイトルに偽りはなく、先生の長年の経験から蓄積された売買テクニックをこれ以上ないくらいにシンプルにした手法が凝縮されています。

初めて読んだときは、あまりにシンプルな手法に、「そんなに簡単に儲かったら苦労しないよ」などと思っていたりもしましたが、実はその手法が非常に合理的で、理にかなっている売買方法だという事に気づいたとき、「これは確かに一生使えるな」と思ってしまった次第です。

「ものわかれ」や「N大」などは大陽線がそのタイミングで出たら買えというシンプルな買いサインですが、それはよくよく観察すると、長期線や中期線で反発した初動を捉えれば勝ちやすいという、グランビルで言う所の押し目買いの基本の中の基本だったわけです。

そういう事に気づいた時に初めて「なるほど!」と思い、この相場先生の株書籍は個人的に殿堂入りしました。






関連リンク


> 相場師朗の株塾 | ラジオNIKKEI


Return Top