株式チャートの移動平均線大循環分析と一目均衡表でチャンスを掴める書籍はコレ

株式チャートの移動平均線大循環分析と一目均衡表でチャンスを掴める書籍はコレ

中身はどんな感じの株書籍なのか?


今回は株書籍「数字オンチあやちゃんと学ぶ 稼げるチャート分析の授業」のレビューです。


この本は、期間の違う複数の移動平均線の重なり方や上下関係がどのように変化し、その後の株価にどう影響していくかの考察や、一目均衡表の具体的な読み取り方を教えてくれる、チャート研究家「小次郎講師」の解説本「稼げるチャート分析の授業」です。

株価チャートの「移動平均線」と「一目均衡表」について大変細かく分かりやすく説明されている書籍です。
特に、移動平均線大循環分析は長期的に株式トレードをする方で、売り時や買い時を学びたい方には大変参考になります。

この株本を買ったきっかけは?


この本を見つけた時は本当は一目均衡表について詳しく載っている株価チャートの解説本を探していました。
本屋さんで実際に手にとってみて、パラパラとめくった瞬間にピンと来るものがあり、衝動買いしたのがきっかけでした。

結果的に後の株式トレード、特にスイングトレードでの売買の判断で非常に役立っています。

自分の株価チャートへの疑問は解決したのか?


一目均衡表については、他の書籍で詳しく載っているものがなかなかない上に、この書籍では基準線、転換線、先行スパン、遅行スパン、雲の考え方など、詳しく解説されている上に、実際の株価の値動きからどのように使っていくか具体的な部分を学ぶことができます。

特にスイングトレードでの上昇トレンドの「押し目」がどの辺なのか?を予測する上での実用的な解説が非常に参考になりました。

移動平均線の大循環分析については、株価の上がりの部分を美味しく利確するスイングトレードや、中期的なトレードでの買い時、売り時を判断する上で重要な要素が満載でした。

どのタイミングから上昇トレンドへ入り、どのような移動平均線の動きでトレンドが終わってしまうのかの判断基準を学ぶ上で非常に参考になります。

実際に株トレードすると、どこまで上昇するのか、大陰線が出てしまったけど、まだ上昇トレンドは続くのか、それともここから下げ始めるかの判断は非常に難しいです。そういったトレンドの転換部分を移動平均線の重なり方や、向き、順番などから予測していく実践的なやり方が、会話調の解説で分かりやすく載っています。

つまり移動平均線大循環分析で次のトレンドの以降具合が予測できてしまうわけですね。

上昇トレンドにおける、移動平均線の長期線、中期線の間隔で、そのトレンドが長続きしやすいか、すぐ終わってしまいやすいかが分かるというのも目からウロコでした。

一目均衡表の転換線、基準線、雲ねじれはそう使うのか!という気付き


この株の解説本は、一目均衡表についても大変詳しく、各線の意味合いや、買いシグナル、売りシグナルの目安などを学ぶことができます。

その中でも一番印象に残ってて、実際の株価チャートでのトレードに役立った部分が転換線、基準線の押し目予想の使い方と、雲のねじれの部分で何かが起こりやすいという考え方でした。

この本を読んで以来、株価チャートでの分析で上昇トレンドの押し目を予測する際は、必ず一目均衡表でチェックするようにしています。
トレンドが大きく崩れない場合は、ほとんどの場合、この基準線や転換線あたりでピタッと下げが止まったり、反発したりするのをみた時は、この本を読んでおいて良かったと何度も思いました。


総評


個人的にこの本はかなりアタリでした。

後の株式トレード、特にスイングトレードでの押し目ポイントの判断、下落からの反発ポイントの判断、上昇トレンドの長持ち具合の判断、トレンドの変わり目の判断で大変お世話になってます。

株のトレードを主にチャートを見て売買判断する方や、初心者の方で更なる株価チャートの勉強をしたい人には良い書籍です。

小次郎講師のチャートの解説動画などはYouTubeでも見ることができますが、そちらの解説でピンと来るものがあれば、この本もかなりオススメです。



Return Top