株トレードの勝率が明らかに高くなったチャート分析の書籍はこれだった

株トレードの勝率が明らかに高くなったチャート分析の書籍はこれだった

中身はどんな感じの株書籍なのか?


今回は株書籍「マンガと図解で株とチャートの達人になる!」のレビューです。

この本は株価の値動きを株価チャートで分析して上がりやすいか、下がりやすいかを見分けて予測するテクニカルチャート分析の解説本です。
チャートに対する考え方に重点を置いた解説が多く、ローソク足の基本的な見方は載ってはいますが、オシレーターやらMACDやらそういった分析法は一切載ってません。

とにかく上げ相場や下げ相場の仕組みや、トレンドの仕組み、株価チャートからどんなことが読み取れるかに重点を置いています。

この株本を買ったきっかけは?


自分がこの本を買ったきっかけは、株を始めた当初に株のチャートにおいてサポートラインやレジスタンスラインの仕組みが知りたかった、どうなったら上昇トレンドに転換するのか、下降トレンドに転換するのかが詳しく載ってる本はないか?
ということで本屋さんで何冊か立ち読みして直感でコレだ!と思って購入しました。


自分の株価チャートへの疑問は解決したのか?


中でも、「なぜ株価チャートはトレンドを形成するのか?」や、「売買シグナルはどのように判断するか?」、「トレンドラインを引く意味」や「トレンドはどのように変化してくか?」など、基本的な考え方を学ぶことができました。

三角保ち合いからの値動きや売買ポイント、値動きの「ダマシ」の見極め方や対処法、ダマシ対策など。
のちの株トレードにプラスになった要素が満載でした。


「トレンドの大転換点をいかにして察知するか?」では、上昇トレンドの初動を見極めて乗る、基本的なチャート分析方が解説されていて、軽く知識に入っていた程度のトレードが劇的に変わったと思います。

移動平均線の基本的な読み取り方や、ゴールデンクロスやデッドクロスはそれほど当てにならないという見方、ローソク足の値動きの性格など、他の書籍でよく出てくる知識からちょっと先の考え方まで知ることがきます。


中でも一番参考になったのは、「売り時」の考え方です。
ここが一番難しいところではありますが・・・💦

買った株の売るタイミングがなぜ難しいのか、利益確定、損切りの基準値はどのように決めれば良いのか、利確シナリオの考え方など。
そういう考え方もあったのか、という一節もあり、大変勉強になりました。


「損切りしなくていい策」が目から鱗だった


株トレードをしていると必ずぶつかる一つの問題が、「損切りはしたくないけど、しないと塩漬け株がドンドン増えていく」というやつです。


某銘柄の売買シミュレーションの結果から、強い上昇トレンドにある局面であれば、損切りをしない方が良いという解説をされています。
自身も泣く泣く損切りをした経験は何度も何度もあるが、そう言えばその後の値動きをよく思い出すと明らかな上昇トレンドで地合いが上向きの場合は、売った後の株価が伸びて行ってる場合が多い。

とりあえず3ヶ月から始めると解説されているが、長いスパンで考えると確かに説明されてる通りかなと、思う節もありました。

この書籍の中でも特に印象に残った「売り時」の実践編でした。


総評


株のトレードには大きく分けて会社の業績や状況から未来を予測して投資するファンダメンタルズ分析と、チャートや値動きを読みより確率の高いトレードを行うテクニカル投資がありますが、この本は題名の通りテクニカル投資の基礎を学ぶことができる一冊です。

チャートを予測して売買するテクニカル投資において、何で株価の上昇が続くのか、下落が続くのか、ある一定のラインで株価が反発したり、ある場所を株価が抜けると上昇、下落が勢い付くのかなど。

株のチャート解析の基本やその考え方が詳しく、分かりやすく解説されています。
これ一冊ではまだまだオシレーター系やローソク足の細かい読み解き方など足りない部分もありますが、そこは別の書籍で補えば良いですね。

とにかく株価がどうして上がるのか、下がるのか、どういった場合に買いシグナルになるのか、売りシグナルになるのか、上昇トレンドはいつまで続くのか、下降トレンドはいつまで続くのか、そういった流れの部分は理解しやすい内容となっています。







Return Top