NHKの受信料を問題なく上手に解約して毎月の出費を節約する方法

NHKの受信料を問題なく上手に解約して毎月の出費を節約する方法

電気代、水道代、ガス代などの光熱費や、最近ではスマホなどの携帯代金と、普通に生活していても毎月出費が嵩んでしまうものです。

最近はテレビ離れも進んできている時代とはいえ、まだまだ情報源としてのテレビは生活の一部という人も多いかと思います。

逆に、生活をしていく上で、必ずしもテレビを必要としない層、ニュースなどの情報源はインターネットやスマホのアプリで十分だという人も多くなってきているはずです。
テレビのない生活をしている人も、若い人を中心に増えてきている事と思います。

NHKの受信料は一定の条件が揃えば解約する事ができる

NHKの受信料は、今まで当たり前のように支払っていたかと思いますが、一定の条件が揃う事で解約する事ができます。

NHKの受信料の支払いについては、何かとトラブルになることもあり世間を騒がせていますが、それでも受信料の支払いに関しては、放送法で定められていますので、受け入れるほかありません。

しかし、本当にテレビを見ないのであれば、NHKは解約する事ができます。

解約するには一度NHKの窓口に電話をして、解約するための用紙を送付してもらいます。
解約用紙に必要事項を記入した後、解約の手続きが進められます。

NHKの窓口に解約に関する電話をする際は、テレビを見なくなった事情を説明します。

テレビの故障や受信アンテナなどの設備の不良などで、見られなくなってしまった場合もあるかと思いますが、その場合でも正直に正確に窓口で相談してみましょう。

相談に対して、NHKの相談窓口のオペレーターさんは親身に相談に乗ってくれるはずです。
担当のオペレーターさんにもよりますが、こちらが斜に構えて敵対視しない限りは親身になってくれます。

オペレーターさんからテレビの受信機器を所持していない証明や、テレビを処分したという証明書を提示するように求められたりする場合もありますが、それもきちんと相談して対応してもらいましょう。

一時的にテレビを見れないという場合は、再度観れるようになった時にNHKの受信料金は支払う事が必要となります。

こちらのNHKの受信料に関する質問集もチェックしておきましょう。
NHKのよくある質問集>受信料について >受信契約、お支払い

NHKを含めてテレビが見れないテレビ難民の方や、テレビを所持していない方までもが、支払う必要のない受信料を払い続けているのは変な話です。

毎月の受信料出費の節約にもなります。

とにかく、相談してみないと始まりません。ぜひ一度「NHKの受信料の窓口」に相談してみてください。

それでは今回は、「NHKの受信料を問題なく上手に解約して毎月の出費を節約する方法」という事で、うまくNHK受信料を解約する方法を説明していきましたが、いかがでしたでしょうか?

Return Top