方位磁石を使わずに簡単に方角がわかってしまう3つの方法とは?

方位磁石を使わずに簡単に方角がわかってしまう3つの方法とは?
キャンプや釣り、登山や旅行など、身近なところでは街中で迷ったときなど、ふと方角を知りたいときなどがありますよね?

いつも方位磁石を持ち歩くような場合は方角はすぐにわかりますが、そうそう常備しているものではないかもしれません。
スマートフォンのアプリなども使えばすぐに分かってしまいますが、インストールなどに手間がかかる場合もあります。

そのような場合に出来るだけ簡単に方角を調べることができる方法があります。



針式アナログ時計で時刻がわかれば方角を知る事ができる





  1. アナログ時計の短い方の針を太陽の方向に合わせます。

  2. 次に時計の文字盤の「12」の位置を確認します。

  3. 1.で合わせた短い方の針の方向と「12」の丁度真ん中のあたりの方角が「」になります。





衛星放送受信用のBSアンテナの向きで方角を知る事ができる



一般家庭の家のベランダや屋根に設置されている衛星放送受信用のBSアンテナを利用して方角を知る事ができます。

BSアンテナが向いている方向は、多くの場合「南西」の方向を向いています。

民家などの住宅地や、街中を移動中に迷ってしまったらアンテナの向いている方向を確認して方角を調べるという手もあります。

北斗七星と北極星の位置で方角を確認する




「星空が見える天気の良い夜」という条件が必要になりますが、北極星が見える位置で方角を知る事ができます。

北極星は、ほぼ北に位置するため、その北極星の位置がわかれば方角を知る事ができます。

では、どのように北極星を見つけるかですが、意外と簡単な方法で見つける事ができます。
「7」の形をした星座の北斗七星を見つける事ができれば、北極星の位置が確認できるはずです。


北斗七星は明るく光る星が7つ数字の「7」のように並んでいます。
時期や季節によってこの「7」の方向は色々回転していきますが、その「7」の一番上の、一つ目と二つ目の星の距離に注目します。
二つ目の星から一つ目の星に向かい、その2つの星の距離の5倍くらい先ににある、より光り輝く星があります。

その星が北極星です。

その北極星が見える方角が、ほぼ「」という事になります。


それでは今回は、「方位磁石を使わずに簡単に方角がわかってしまう3つの方法とは?」という事で簡単に方角を知る方法を解説してみましたが、いかがでしたでしょうか?

方位磁石もなく、スマートフォンも使えない時にふと、方向を知りたくなった時に試してみてください。




Return Top