水没してしまったスマホや携帯を高確率で蘇らせる簡単な方法とは?

水没してしまったスマホや携帯を高確率で蘇らせる簡単な方法とは?
最近は防水対策されたスマートフォンや携帯電話が増えてきましたが、まだまだ防水されていないスマホや携帯電話を愛用している人も沢山います。


普段の生活でも不注意でズボンのポケットからスルッと落ちてトイレに水没させてしまったり、外で水たまりに落としてしまったり。
生活の必需品であるスマートフォンをふとした瞬間に悲劇が襲ってきたりします。

私もよく、ズボンのポケットなどにスマホを入れたまま洗濯機にズボンごと入れてしまい、洗濯機に水が溜まりだす頃、「あっ・・・!」と気づき、時すでに遅し・・・という残念な展開があったりします。


精密機械のスマートフォンなど電子機器は水が大敵ですぐに壊れてしまいます。


突然の災難で頭が真っ白に…




でも諦めるのはまだ早いですよ!

スマホや携帯が水没してしまった場合でも復活させる方法があるのです。



復旧する可能性は100%ではありませんが、そのまま水の侵入で故障してしまう確率は減らす事ができます。

今回は、その方法をご紹介します。


スマホや携帯を水没させてしまったら


まずは慌てずに拾い上げて、電源が入っている状態なのか、切れている状態なのかを確認しましょう。

もし電源が入っている状態であれば、すぐに電源を切ります。

電源が入っていないのを確認したら


電池パックが外せる場合はすぐに外します。

SIMカードやSDカードなども取り外しができるものは全て外しておきましょう。

電池パックやSIMカードなどを取り外したら


出来るだけ内部に侵入した水分が広まってしまわないよう、揺らさないように電源が切れた状態で自然乾燥させます。

密封できる袋などに入れて乾燥剤を入れるなど、とにかく乾燥させる事が重要です。

ジップロックなどのフリーザーバッグに乾燥剤を入れて密封して乾燥させるとより効果的です。


乾燥時間は24時間以上間隔を開けて様子を見ましょう。

完全に乾燥していることを確認後に、電源を入れます。


もし、電源が入らない場合は、もう少し時間を空けてから試してみましょう。

忘れた頃にふと電源が入ることもあるからです。



水没したスマホや携帯などを素早く効果的に乾燥させる場合は、このような復活ツールも活用すると、より復旧する確率が上がります。

「水没スマートフォン復活ツール 」を使うのも復旧する可能性が高まります。


ランドポート 水没スマートフォン復活ツール BHEESTIE (ビーズティー) Lサイズ BHS-93TL





スマホや携帯電話が水没して壊れてしまう原因は、精密機器のショートです。

内部に侵入した水分が媒介して思わぬ所に微量の電流が流れてしまい、それが原因で故障してしまうのです。
そういうわけで、とにかく電気の流れを止める、一刻も早く電源を切る事が重要です。

電池パックがついた状態でも、電源を切っていたとしても微量の電流が流れていますので、外してから処置を施す事が大事です。
必ず電池パックを外してから自然乾燥しましょう。


早く乾かそうとドライヤーで乾かしたり揺すったりするのも、内部に侵入した水分が広がる原因にもなりますので、やめたほうが無難です。




それでは、今回は「水没してしまったスマホや携帯を高確率で蘇らせる簡単な方法とは?」という事で、水没して動かなくなってしまったスマホや携帯電話を蘇らせる方法を解説してみました。

運悪くスマホが緊急事態になってしまった時にぜひ試してみてください。

Return Top